奈良公園の興福寺の藤の花が見頃を迎えていました。

観光

先日、自主的リハビリの歩行訓練で興福寺を散策していると、藤の花が綺麗に咲き誇っていました。

1300年前の昔から、藤原氏の氏寺である「興福寺」には、今もその名にちなんだ「藤」が大切に育てられてきました。

私が見る限り、藤棚が3ヶ所にありました。

まず、1ヶ所目は、五重塔そばにありました。

f:id:revival2021:20210426104414j:plain

拡大してみます。

f:id:revival2021:20210426104503j:plain

f:id:revival2021:20210426104548j:plain

2ヶ所目は、南円堂向かいの不動堂のそばにありました。

f:id:revival2021:20210426104802j:plain

これもアップしてみます。

f:id:revival2021:20210426104904j:plain

f:id:revival2021:20210426104959j:plain

南円堂とのコラボです。

f:id:revival2021:20210426105052j:plain

3ヶ所目は、南円堂側の一言観音像と納経所の前にありました。

f:id:revival2021:20210426105332j:plain

五重塔とのコラボです。

f:id:revival2021:20210426105429j:plain

こちらは中金堂とのコラボです。

f:id:revival2021:20210426105518j:plain

近頃はコロナウイルスの影響で、外出自粛していましたが、久しぶりに自然の花々を見て、春の訪れを感じました。

境内には八重桜も咲いていましたので、後日投稿しようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました