【西奈良】文化と歴史モダンと現代が交差する町②(奈良市)

奈良市

奈良公園やならまちなどがある奈良市の中心地とは打って変わって「奈良のベッドダウン」として知られる「西奈良」。かつての平城京の右京に位置する西ノ京より西側の、学園前、富雄を中心としたエリアです。

大阪からのアクセスがよく、住宅地のイメージがある町ですが、由緒ある神社仏閣に美しいグルメなど、見所がたくさんあります。
何度も奈良に来ている方にも、初めての方にも楽しんでもらいたい西奈良の魅力をご紹介します。今回は、富雄に焦点を合わせてみます。

富雄

富雄川沿いに広がる住宅街。近年ラーメンで認知度を上げていますが、バラエティ豊かな旅の魅力がいっぱい。

地名は『日本書紀』に登場する金色のとびに由来すると言われており、のちに鵄邑とびのむら鳥見邑とみのむら富雄村とみおむら富雄町とみおちょう(富雄町史)に変化しました。現在は住宅街ですが、訪れる人も楽しめる見所が多数。ここでは厳選して、その一部を紹介します。

飛鳥時代、最初に瓦が伝わった奈良県には、瓦の博物館があります。富雄駅から徒歩20分の「帝塚山大学附属博物館てづかやまだいがくふぞくはくぶつかん」では世界中の瓦を収集、展示しています。 かわいい瓦、怖い瓦、朴訥ぼくとつとした瓦。他に類を見ない、多様な瓦の世界を楽しんで。駅に戻る道すがら、立ち寄りたいのは甘味処の「みやけ」。旧鴻池邸表屋を大阪から移築した館内は、江戸時代の意匠が残るたたずまい。甘いぜんざいに心身が温まります。

富雄駅からバスに乗り「霊山寺りょうせんじ」へ。お寺では珍しい日帰り入浴施設「薬師湯殿やくしゆでん」があり、ヤマトトウキなど、天然の薬草が使われています。寺伝では聖武天皇や光明皇后も入湯したとか。冷えてこわばった体をゆっくり温めてください。もちろん本堂へのお参りもお忘れなく。

締めくくりは駅前の人気パン屋さん「ブランジェリーアッシュ」でおいしいパンをお土産にいかが?

帝塚山大学附属博物館

瓦の数は約7,500点。日本の古代の瓦から海外の紀元前約4世紀の瓦など多岐に渡っています。

帝塚山大学附属博物館 · 〒631-8501 奈良県奈良市帝塚山7丁目1−1
★★★★☆ · 博物館 / 美術館

霊山寺/薬師湯殿

奈良時代創建の名刹。山の中にある奥の院はパワースポットとしても人気。全国から参拝者が訪れます。

霊山寺 · 〒631-0052 奈良県奈良市中町3879
★★★★☆ · 仏教寺院

みやけ

夏はかき氷でも有名なお店。建築と庭を楽しみながら甘みを味わって。

miyake_kyukounoiketeiomoteya - Google 検索

ブランジェリーアッシュ

富雄駅から徒歩2分。食べやすい小ぶりなサイズのパンは、ついつい何個も食べてしまいそう。

boulangerie ASH (富雄/パン)
★★★☆☆3.55 ■予算(昼):~¥999
https://www.instagram.com/tomio_ash/

コメント

タイトルとURLをコピーしました