【奈良公園】世界遺産の神社仏閣が集中する、奈良観光のハイライト②

奈良公園周辺

奈良を代表する大社寺が徒歩圏内!鹿と遊びながら、悠久の歴史を体感しましょう!

春日山を望む広大な公園は、鹿が遊ぶ、奈良ならではの空間です。
平城京の「外京」にあたり、社寺に伝わる文化財には天平人が捧げた、祈りが込められています。

名勝 旧大乗院庭園

興福寺の有力な塔頭たっちゅうの一つだった、大乗院の遺構を復元した庭園です。早春は白木蓮はくもくれん、夏は百日紅さるすべり、秋は紅葉が美しい所です。入り口の大乗院庭園では、大乗院の復元模型などの歴史資料が展示されています。

名勝 旧大乗院庭園 | 奈良ホテル | 公式サイト Nara Hotel Official Site
奈良ホテルは、明治42年に「関西の迎賓館」として奈良公園内に誕生しました。100年の歳月に思いを馳せながら、百年のホテル「奈良ホテル」ならではの優雅なひとときをご堪能ください。
名勝 旧大乗院庭園 · 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1083−1 1083 1
★★★★☆ · 庭園

名勝 依水園(いすいえん)

江戸時代に作庭された前園と、若草山や東大寺南大門などを借景とする明治作庭の後園から構成されています。東洋の珍しい古美術品などを展示する寧楽ねいらく美術館、食事を楽しめる三秀亭さんしゅうていなどもあります。

奈良の日本庭園 | 依水園
依水園(いすいえん)は古都奈良にある、四季の花々に彩られた美しい日本庭園です。大仏殿を有する東大寺と興福寺の間に位置していながらも静かなひと時をお過ごしいただける歴史ある空間です。また、園内には古美術品を数多く収蔵する寧楽(ねいらく)美術館も併設されています。
依水園・寧楽美術館 · 〒630-8208 奈良県奈良市水門町74
★★★★☆ · 庭園

吉城園(よしきえん)

興福寺塔頭「摩尼珠院まにしゅいん」の跡地に造成された庭園です。池の庭、苔の庭、茶花の庭からなり、特に苔の庭は、茅葺き屋根の離れ茶室と一体となった閑静な佇まいが広がっています。紅葉の名所でもあり、秋には杉苔の緑とのコントラストが見事です。

吉城園/奈良県公式ホームページ
Nara Prefecture
吉城園 · 60-1 登大路町 奈良市 奈良県 630-8213
★★★★★ · 庭園

不空院

古くは鑑真和上、弘法大師に所縁深く、近年は縁切り・縁結びの寺として知られています。本尊・不空羂索観音ふくうけんさくかんのんは鎌倉時代より、秘仏・宇賀弁財天女は室町時代より祀られ、今も信仰の対象として親しまれています。

縁切寺 | 日本 | 春日山 不空院 鑑真
奈良は高畑の古刹、春日山 不空院。 ここは、鑑真大和上の住まわれたゆかりの地, ご縁を結び,そして紡ぐ地。
不空院 · 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1365
★★★★☆ · 仏教寺院

白毫寺(びゃくごうじ)

宝蔵には、地獄の裁判官として知られる、木造の閻魔えんま王坐像が安置されています。高円山たかまどやま西麓の高台にあり、境内から奈良市街が一望できます。また、春には奈良三名椿の一つである五色椿ごしきつばきが、秋には萩が美しく咲いています。

白毫寺|奈良県観光[公式サイト] あをによし なら旅ネット|奈良市|奈良エリア|神社・仏閣|神社・仏閣
天智天皇の皇子、志貴皇子(施基皇子)の山荘跡に建てられたと言い伝えられる。鎌倉時代に叡尊によって再興。叡尊の弟子道照が中国から一切経を持ち帰ってからは「一切経寺」とも呼ばれた。本尊阿弥陀如来坐像、地蔵菩薩立像、興正菩薩叡尊坐像、閻魔王坐像とその眷属司命・司録像(いずれも重要文化財)などの仏像を宝蔵に収める。高台に位置し...
白毫寺 · 〒630-8302 奈良県奈良市白毫寺町392
★★★★☆ · 仏教寺院

新薬師寺

奈良時代に、聖武天皇の病気平癒を願って光明皇后が創建しました。本堂には日本最古最大の十二神将じゅうにしんしょう立像が、円陣を組んで本尊・薬師如来を守護しています。中でも憤怒の表情をした伐折羅ばさら大将の迫力には圧倒されてしまいます。

新薬師寺 公式ホームページ
体と心と社会の健康を、最古最大の十二神将...
新薬師寺 · 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町1352
★★★★☆ · 仏教寺院

入江泰吉記念奈良市写真美術館

大和路の風物を取り続けた写真家・入江泰吉いりえたいきちの作品約8万点を収蔵しています。入江が魅了された、奈良大和路の奥深い歴史と、豊かな自然風景が堪能できます。建物は建築家・黒川紀章くろかわきしょうによって設計されました。

入江泰吉記念奈良市写真美術館
入江泰吉記念奈良市写真美術館
入江泰吉記念奈良市写真美術館 · 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町600−1
★★★★☆ · 美術館

志賀直哉旧居

文豪・志賀直哉が自ら設計し、昭和4年からの9年間を家族とともに過ごした旧居です。代表作の「暗夜行路あんやこうろ」は、この2階の和風書斎で完成しました。当時では珍しい洋風の食堂やサンルームがあり、多くの文化人が集まり、文化芸術論を熱く交わしていたようです。

奈良学園セミナーハウス 志賀直哉旧居
奈良県奈良市の高畑町にある「志賀直哉旧居」。小説家・志賀直哉が昭和4年に建設したこの旧宅は、学校法人奈良学園が保存し、奈良文化女子短期大学セミナーハウス「志賀直哉旧居」として一部公開しています。
志賀直哉旧居 · 〒630-8301 奈良県奈良市高畑町
★★★★☆ · 史跡

福智院(ふくちいん)

奈良時代の僧・玄昉げんぼうが建立した清水寺しみずでらが前身です。本堂に祀られている地蔵菩薩坐像(重文)は、高さ3mの巨像です。背後の光背は560体の小さな地蔵菩薩でびっしり埋め尽くされており、「千仏光背せんぶつこうはい」と呼ばれています。

福智院 | 奈良市観光協会サイト
福智院 · 〒630-8381 奈良県奈良市福智院町46
★★★★☆ · 仏教寺院

コメント

タイトルとURLをコピーしました