【東大寺二月堂 裏参道】美しく静かな土壁に囲まれた石畳の道(奈良市)

奈良公園周辺

東大寺大仏殿の裏側から二月堂に続く、裏参道を通ってみました。

東大寺大仏殿から二月堂へ向かうには手向山八幡宮の参道を通る観光客が多いため、大仏殿の裏を通る二月堂裏参道には観光客の姿があまり見当たりません。

土塀に囲まれ、すごく絵になる場所で、写真撮影やスケッチをしている人がよく見かけられます。静かに散策するには絶好の場所です。

裏参道の近くには、東大寺大湯屋があります。
「おおゆや」と呼ばれるその建物は「湯」という文字が表しているように、簡単に言うと昔の「お風呂」がある施設となっており、かつての東大寺の僧侶たちがここで仏道に励むために「身を清める」ための沐浴を行っていたとされています。

更に二月堂へ向かっていきますと、「二月堂供田(くでん)」があります。
こちらで植えられているのは、ご飯のお米ではなく、もち米です。秋に収穫したもち米は、お正月の鏡餅や修二会(お水取り)のお供え餅(壇供)になります。

東大寺学園の中学生と東大寺幼稚園の園児が一緒に田植えや稲刈りをした光景が、たまに関西ローカルニュースで流れます。

観光地・奈良の観光名所での多くの方々の喧騒から解き放たれ落ち着く場所です。

上から見る景色も綺麗です。

東大寺二月堂裏参道 3

写真撮影しながら動画も撮影しました。YouTubeに投稿しましたので、宜しければ御覧下さい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東大寺新装版 美術史研究のあゆみ [ 大橋一章 ]
価格:2750円(税込、送料無料) (2021/9/9時点)

楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました